SATORU UCHIYAMA

福岡近郊を中心に演奏活動を行うジャズギタリストです。

内山 崇へ

内山 崇へ

崇が亡くなって、1週間が経ちました。
そう遠くない時期に、崇が亡くなる日が来るとは思っていました、
が、こんなに辛いとは考えなかった。

バカでワガママで頑固で真っ直ぐで、
人と音楽と酒を本当に愛していましたね
いろんな意味で自慢の可愛い弟でした。
崇のしゃがれ声の「にぃちゃ〜ん」が忘れられません


崇がいなくなると寂しいです。



忘形見の子供達と親父のことは、俺がどうにか頑張ってみます、
今頃、あの世でお袋と一杯やってそうですが、
その前にドヤされるんでしょう(笑)


崇を救ってやることができたんじゃないかと、
今も自問自答しています、
多分答えは無いのでしょうが、
区切りをつけるためにも、この文章を書きました。







安らかに眠ってください。
47年間ありがとうございました。







IMG_0118.jpg
IMG_0108.jpg
IMG_1033.jpg
IMG_0117.jpg
26850879_1586874114732322_3301133196239974959_o.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/01/30(火) 13:59:54|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<JAZZ Night in KATASU/SNQ SPRING TOUR | ホーム | 謹賀新年!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/02/05(月) 11:15:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はじめまして、崇の兄の内山覚です。

コメントありがとうございました。

我が弟ながら、何もしてあげれなかった事に悔いが残ります、
最後の最後まで何一つ言う事を聞かず、好きな事だけを好きな様に生きた人生でした、
だから沢山の方々に愛されていたんだと思います、

ただ身内としてはもっと早い段階で、救ってあげれたんじゃないかと、
時間が経つほどに考えてしまいます。
今は、崇の忘れ形見の3人の子供の事とお店の後始末だけが、
最後に崇にしてやれる事だと思い・・・・

それにしても、早過ぎますね!馬鹿な男でしたが可愛かった。
崇の事、忘れないでいてやってください。
ありがとうございました。


> はじめまして、木村と申します。
>
> 崇くんとは同い年で学生時代から結婚するまでの間とても仲良くしておりました。
> ご結婚されてからは私も結婚し遠方へ行ったため疎遠になっておりましたが、
> この度の訃報に触れ驚きと悲しい気持ちでいっぱいです。
>
> 学生の頃はよくご実家へ訪問させて頂いておりました。
> お母さまのお加減があまりよくない時期で、
> とても優しく気遣っていた様子は今も真っ先に思い出します。
>
> また初めて車を買った時は私を迎えにきてくれドライブへ行きました。
> いつも通りに振舞おうとするのですが、
> 慣れない運転に緊張しているのが横顔からものすごく溢れ出ていて大笑いして、
> 人柄の素直さがよく出ている忘れられない思い出のひとつです。
> 崇くんとは青春時代の尽きない思い出がいっぱいです。
>
> お兄さんの事も自慢げに話してくれたのを憶えています。
> 福岡へ戻ってらっしゃるんですね。
> いつか帰省した時にお兄さんのギターを聞きに行きたいです。
>
> 明るく面白く、寂しがりやで、すごく個性的で、
> だけど表現できない悲しみを抱え、
> 若かった事もあり、何かを求めて懸命に生きていた人でした。
>
> 会わなくなっておりましたが、
> 思い出しては元気にしてるかなと思っておりました。
>
> まだまだ若いのに、とてもとても残念です。
> ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  1. 2018/02/12(月) 03:40:11 |
  2. URL |
  3. 内山 覚 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satoruuchiyana.blog.fc2.com/tb.php/172-f3ba4132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SATORU UCHIYAMA

内山 覚

Author:内山 覚
武蔵野音楽学院と米バークリー音大に学び、90年代初期より、音楽講師を務める傍ら福岡とニューヨークを行き来しつつ多方面で幅広く活躍中のギタリスト。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (145)
ミュージック (4)
ライブ (3)
家族 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR